人気ブログランキング |

中野工務店の家づくり
by iedukuri-n
LINK
会社HP
株式会社 中野工務店

私たち中野工務店の
「なか」をお見せするブログ
たすきつなぎ

facebook
株式会社 中野工務店
カテゴリ
全体
【見学会&イベント情報】
【HP更新のお知らせ】
【書籍掲載・メディア情報】
■現場レポート
■我孫子の家
■いただきハウス
■(仮)市川の家
■(仮)市川マンションリノベ
■5つの庭がある平屋の家
■印西の家
■(仮)稲毛の二世帯住宅
■氏神様の手水舎
■浦安の二世帯住宅
■既存の庭を愛でる家
■LDKに畳の部屋が浮かぶ家
■丘に建つ回遊ウッドデッキの家
■片流れの家
■キッチンを囲む家
■(仮)行徳の二世帯住宅
■桐天井の家
■ぐるぐるハウス
■玄関に続く作業土間のある家
■こんなオフィスで働きたい!
■桜並木と中庭を楽しむテラスハウス
■桜を愛でる家
■時代建具のある家
■杉板天井の家
■杉と和紙の家
■空にひらく勾配天井の家
■小さな土地の、大きな家。
■小さな土地の、大きな家2
■小さな土地の、大きな家3
■千葉の家
■(仮)流山の3階建て
■庭を楽しむシェアハウス
■ひろえんの家
■船橋の家
■ヘリンボーンが迎える家
■ペレットストーブとスキップフロアの家
■松戸の家
■緑豊かな高台に建つ二世帯住宅
■森を望む家
■耐震補強工事
■長期優良&そよ風「市川の家」
■長期優良「船橋の家」
■長期優良「市川柏井町の家」
■長期優良「市川の家」
見学会を行いました
いちかわ産フェスタ
ジャパンホームショー2012
ヤワタ・コーヒー
ポルト*ボヌール
私たちのこと
住まいの情報
住まいの実験「ナカノラボ」
リフォーム事例
千葉の素敵なお店
未分類
タグ
(50)
(28)
(20)
(7)
(6)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
検索
最新の記事
夏季休業のお知らせ
at 2019-08-10 18:04
明治村の帝国ホテル旧本館
at 2019-08-10 18:02
「音楽室のある家」施工例へア..
at 2019-07-25 10:31
「空とつなぐ家」施工例へアッ..
at 2019-07-07 22:47
「カウンターキッチンのある家..
at 2019-06-30 20:16
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
6/26(土)-27(日) OPEN HOUSEを行いました
この度、お施主様のご好意により完成建物見学会を行いました。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------
f0170331_11545383.jpg

間口が狭く奥行きの深い狭小地に建てた共同住宅です。
プライバシーを保ちながら光を取り入れる工夫がたくさんあります。
15坪ほどの建坪で、いかにゆとりを持って4世帯を配置するか。

共同住宅を計画中の方はもちろん、
一戸建てや2世帯住宅の計画にもヒントになると思います。
どうぞこの機会にご内覧いただけたら幸いです。

2010.06.26sat-27sun
am10:00-pm8:00


市川市八幡2丁目
(JR総武線本八幡駅より徒歩3分)
設計・施工:中野工務店

**************
key word

イペ無垢フローリング
ケンパス無垢フローリング
左官壁
突き板張り壁
中庭
屋上デッキ
ロフト
金工作家の門扉・手すり

**************
f0170331_11573761.jpg

f0170331_11595283.jpg
f0170331_11591956.jpg
f0170331_11582315.jpg
f0170331_11584263.jpg

f0170331_120541.jpg
f0170331_1201617.jpg

# by iedukuri-n | 2010-06-19 11:48 | 見学会を行いました | Trackback | Comments(0)
2010.6.5(土)都市狭小地型&郊外型 スタンダード住宅 見学会開催しました
この度、お施主様のご好意により完成建物見学会を行いました。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。
-------------------------------------------------------------

2010.06.5()
10:00~19:00(ナイター見学会実施☆)
市川市&千葉市
設計・施工:中野工務店

都市狭小地型&郊外型
スタンダード住宅
完成見学会2物件同時開催しました。


都市狭小地型と郊外型、それぞれの土地の性格に合わせた標準的な(スタンダード)住宅。
個々のライフスタイルに合わせ自分らしさを取り込んだこだわりもいっぱいです。


===============
都市狭小地型
スタンダード住宅

===============
f0170331_10522032.jpg


f0170331_10523948.jpg


市川市市川南
木造3階建て 3LDK+WIC
敷地面積72.86平米・延床面積110.12平米

***key word***
・ビルトインガレージ
・ひろびろルーフバルコニー
・板張×ガルバリウム鋼板の外壁
・パイン材の無垢フローリング
・オープンキッチン
・和室(独立タイプ)
住宅エコポイント利用
**************

===============
郊外型
スタンダード住宅

===============
f0170331_1112827.jpg
f0170331_1114288.jpg
f0170331_1115629.jpg

千葉市花見川区さつきが丘
木造2階建て 3LDK+WIC+ロフト
敷地面積125.52平米・延床面積105.99平米

***key word***
・階段&吹抜けひろびろリビング
・杉の無垢フローリング+珪藻土クロス
・手づくりの掘りごたつ
・ウッドデッキ
・大きなロフトのあるこども室
・和室(リビング併設タイプ)
国産材・長期優良住宅
**************
# by iedukuri-n | 2010-06-01 11:20 | 見学会を行いました | Trackback | Comments(0)
2010.5.1(土)-2(日) OPEN HOUSE を行いました
市川の家~お父さんの居場所~

f0170331_16321692.jpg



この家で少し面白いスペースはお父さんの居場所。

居間と別に、家族の気配が判りながらも一人で新聞を読んだり
お酒が飲めるスペースがほしいということでつくったスペース。
書斎のようにカウンターや本棚もありますが
お酒をストックする専用の冷蔵庫もあり
ごろりと横になれるように畳敷き。
といっても大きさは2帖というコンパクトスペース。
階段状になった本棚を昇れば
花火が見える屋根上の物見台にも上がれます。

内装材はカバ無垢フローリングや杉板、漆喰、月桃紙といった
健康的な自然素材でいっぱい。
外壁も左官屋さんが鏝で仕上げてくれました。

概要:W造2階建て(ロフト付き)
敷地面積:32.7坪 
延床面積:31坪 
夫婦+子供二人+奥さんのお母さん

設計・監理:U設計室 担当 落合雄二 梶原まどか 
施工:中野工務店 担当 井上 水野 
棟梁:鈴木

U設計室様 HP ・ ブログ

-------------------------------------------------------------

この度、お施主様のご好意により完成建物見学会を行いました。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。
# by iedukuri-n | 2010-04-30 16:41 | 見学会を行いました | Trackback | Comments(0)
2010.4.24(土) OPEN HOUSE を行いました
LWH(ライトウエイトハウス)小さな家

もっと気軽に家をもちたい・・・・だから 小さな家 。
小さな家だけど  暮しの楽しみ方は大きいのです!

詳しくはこちらをご覧ください☆

f0170331_10181116.jpg


LWH001 完成見学会

2010.4.24(土) 10:00-17:00 市川市相之川
設計:志田茂建築設計事務所 施工:中野工務店

-------------------------------------------------------------

この度、お施主様のご好意により完成建物見学会を行いました。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。
# by iedukuri-n | 2010-04-08 10:44 | 見学会を行いました | Trackback | Comments(0)
2010.4.3-4 見学会を行いました
「長く住み続けられる穏やかで居心地のいい家」
2010.4.3sat・4sun 市川市
設計:株式会社 中野工務店
3LDK+WIC

ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

f0170331_1042564.jpg

心も長持ちする設計「スタンダードが一番」

たとえ物理的なデータとして堅牢であっても、
心地よさや美しさがなければ家は決して長持ちしない。
心の耐用年数も設計に折り込みたい。
素材、設備、意匠など新しいことを探すことは簡単だが、
「我慢してスタンダードを追った」家が結果的に残る。
今は何でも、あるいは何をするにしても
過剰すぎるきらいがあるが、過不足ないことが大事。
飽きのこない住まいが長く気持ちよく暮らせる家である。


-心地いい木の家の平面構成を読む-

居間・ダイニング・キッチン・和室が
一体化したメインルームを中心に
各個室がつながるプラン。
この家は建主のSさんとお子さんが
暮らす住まいを建て替えたもの。
敷地34坪、建築面積は
わずか13坪という厳しさです。
東面は道路で日が当たりますが、
南側には隣家が接近して建っており、
採光条件もかなり不利といえる立地。
暗く寒かった家を明るく
快適にしたいという希望は切実なものでした。


f0170331_13242432.jpg

a限られた空間を最大限に活かし、光を落とし込む階段。


f0170331_1329612.jpg

b 南側隣家からの視線を程よく遮り、光を取り込む。


f0170331_13292358.jpg

c 余計なものは省き、使い勝手を考えて作られた造作家具。
# by iedukuri-n | 2010-04-08 10:09 | 見学会を行いました | Trackback | Comments(0)