中野工務店の家づくり
by iedukuri-n
LINK
会社HP
株式会社 中野工務店

私たち中野工務店の
「なか」をお見せするブログ
たすきつなぎ

facebook
株式会社 中野工務店
カテゴリ
全体
【見学会&イベント情報】
【HP更新のお知らせ】
【書籍掲載・メディア情報】
■現場レポート
■我孫子の家
■いただきハウス
■(仮)市川の家
■(仮)市川マンションリノベ
■5つの庭がある平屋の家
■(仮)稲毛の二世帯住宅
■印西の家
■氏神様の手水舎
■浦安の二世帯住宅
■既存の庭を愛でる家
■LDKに畳の部屋が浮かぶ家
■丘に建つ回遊ウッドデッキの家
■片流れの家
■キッチンを囲む家
■(仮)行徳の二世帯住宅
■桐天井の家
■ぐるぐるハウス
■玄関に続く作業土間のある家
■こんなオフィスで働きたい!
■桜並木と中庭を楽しむテラスハウス
■桜を愛でる家
■時代建具のある家
■杉板天井の家
■杉と和紙の家
■空にひらく勾配天井の家
■小さな土地の、大きな家。
■小さな土地の、大きな家2
■小さな土地の、大きな家3
■千葉の家
■(仮)流山の3階建て
■庭を楽しむシェアハウス
■船橋の家
■ヘリンボーンが迎える家
■松戸の家
■緑豊かな高台に建つ二世帯住宅
■森を望む家
■耐震補強工事
■長期優良&そよ風「市川の家」
■長期優良「船橋の家」
■長期優良「市川柏井町の家」
■長期優良「市川の家」
見学会を行いました
いちかわ産フェスタ
ジャパンホームショー2012
ヤワタ・コーヒー
ポルト*ボヌール
私たちのこと
住まいの情報
住まいの実験「ナカノラボ」
リフォーム事例
■ひろえんの家
未分類
タグ
(29)
(28)
(20)
(7)
(6)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
検索
最新の記事
2017.6.10(土)柏市..
at 2017-05-21 18:14
「ひろえんの家」お写真アップ..
at 2017-04-30 08:16
「空にひらく勾配天井の家」お..
at 2017-04-07 00:16
「浦安の二世帯住宅」完成見学..
at 2017-03-26 11:55
今週末、見学会です。「浦安の..
at 2017-03-22 09:47
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「(仮)稲毛の二世帯住宅」上下階の音を伝えにくくする床づくり
こちらのお住まいは1階が親世帯、
2階が子世帯になります。
二世帯住宅を建てる際、
一番気ををつけなければいけないと
言われているのが「音の問題」です。

生活時間帯が異なる世帯。
双方が適度に気をつけあいながら生活することは
大切ですが、深夜、早朝となると、
ほんのわずかな音でも気になってしまうことがあるかと思います。

また賑やかになりがちな
お子様のいらっしゃる子世帯の足音などを
なるべく下の階に伝えないようにするための
防音対策をご紹介いたします。



1階親世帯LDKの天井に白い綿の様なもの
こちらは「パーフェクトバリア」という断熱材です。
今回は断熱効果のほかに吸音材としての役目を果たします。

音は遮ることも大事ですが、音を吸って伝えにくくすることも重要なのです。


よく見ると、その吸音材の隙間から覗く黒いものが!
f0170331_183935.jpg


四角いまっくろくろすけ!?
f0170331_1834430.jpg
・・・ではなく"梁"と"天井野縁"をつなぐ
「防震吊り木」というものです。

吸音材を入れる前がこちら
f0170331_183577.jpg
通常は木材を使うのですが、
振動音を減衰させるため、この「防震吊り木」を採用しました。

2階床に接触している梁の振動を
間に入った防振ゴムが振動を吸収して
1階の天井に伝えないようにしてくれるという優れものなんです。

「防震吊り木」と「吸音材」で吸音仕様の1階の天井。
そして、2階の床は遮音仕様にしていきます。

通常は下地合板の上にフローリングなのですが、
防音のボードを2重に張っていきます。
下地の合板の上に吉野石膏さんというメーカーの
「サウンドカット」という特殊制振材を塗ります。
f0170331_2151551.jpg


その上に「タイガースーパーハード」という
いかにも強そうなネーミングの石膏ボードを張り、
また、先ほどの特殊制振材を塗り重ねます。
f0170331_21353192.jpg


そして同じく石膏ボードを重ね、
床暖用のシートなどを張り重ね、その上にフローリングを張るのです。
f0170331_21355611.jpg

f0170331_21381781.jpg


ケーキでいうならミルフィーユの様に

7)フローリング
6)床暖マット(又は合板)
5)石膏ボード
4)特殊制振材
3)石膏ボード
2)特殊制振材
1)合板

と7層重ねられ、厚みにすると
約6センチの2階遮音床が出来上がりました。

私もこの上を歩かせていただきましたが、
いつもの木造の床の響く感覚はまったく無く、
下に音が響かないことを確認しました。

このあと、1階天井には石膏ボードが2重に張られる予定です。

「タイガースーパーハード」という石膏ボードは
一般的な石膏ボードの2倍の重さがあり、
重い=音が伝わらないということで遮音に有効な素材なのです。
硬度も一般的な石膏ボードの4倍の硬さがあり、
切断する時はまるで鉄を切っているかのような音がするそうです。

逆に「パーフェクトバリア」という断熱材は
綿のように軽く音を吸うということには適する素材。
車のエンジンルームや鉄道枕木間用の
吸音材として採用されているものです。

それらの異なる素材を組み合わせて
防音対策も万全です!



更新の励みにさせていただいております。
お手数ですがこちらにご協力いただけますと大変嬉しいです!
一日ワンクリックが一票の応援クリックです
 ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



過去の記事をご覧になる方はこちらからどうぞ
カテゴリ:□(仮)稲毛の二世帯住宅


十人十色のいえづくり
>> 自社設計の現場10件~それぞれの特徴と進行状況~

☆facebookもありますよ☆
中野工務店facebookページ


*******************************
千葉で注文住宅を建てるなら中野工務店へ
木や自然素材を活かした家づくり
新築&リフォーム 千葉県市川市の工務店です

[PR]
by iedukuri-n | 2013-08-05 23:25 | ■(仮)稲毛の二世帯住宅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iedukurinn.exblog.jp/tb/20153337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏季休業のお知らせ 「いなかそだちの家」お写真アッ... >>